› 豊田でみる、つくる、たべる日々 › スパイシーなもの › 1週間に2度食べたい

2011年03月31日

1週間に2度食べたい

作ったその日には夫から「これおいしいからまた作って」と言われても、作らないうちにそう言われたことを忘れてしまったり、言った本人も言ったことを忘れていそうなのですが、このメニューだけは忘れずに「あれまた久しぶりに食べたいな」と夫はリクエストします。鶏肉のレッドカレー炒め。『きょうのごはんはタイ料理(アマラー昭子著)』に載っているレシピのアレンジメニューで、いんげんの替わりにさやえんどう、そしてレシピにはないナスも入れてみました。



少し砂糖も入れますが、見た目に反してほとんど辛くないのです。レシピでは手作りのペーストで作ることを勧めているけれど、私には難易度が高すぎるのでいつもタイのカレーペーストを利用して作っています。こちら↓は似て非なる4種類のカレーペースト。夫の職場経由でタイ人の方が選んで買って来て下さったものです。左からグリーンカレーペースト、インド風カレーペースト、レッドカレーペースト、マサマンカレーペースト。それぞれどう違うのだかまだ十分に食べ比べていませんが、このパッケージのペーストは以前他のものを試したけど、間違いがない気がしています。



今回はナスを入れたためか、ほどよい水分が出て、カレーソースとともに具をターメリックライスの上にのせて食べたら最高でした。



すさまじい勢いでなくなる、なくなる!多めに作って翌日も食べましたが、おいしさはほとんど変わらず。2日目の夕食に食べているときに「1週間以内にまた食べたい」という夫の発言が飛び出しました。よっぽど好きなようです。でも、日本円で60円かそこらのペースト1袋でこんなおいしい料理ができてしまうなんて!



こんなメニューのときは生野菜がたっぷり食べたくなります。白ワインビネガーとオリーブオイルと塩を順番にかけるだけでとてもおいしいです。てっぺんにのっているのは、別の日に焼いた骨つきスパイシーチキンの身をほぐしてマヨネーズで和えただけの具。こちらもなかなか好評でした。



レッドカレー炒めの大まかな炒め方の順序は、①ペーストを弱火で炒めて香りを出す、②肉を加えて炒め、ナンプラーと砂糖で味付け、③野菜を加えて炒める、④バイマックルー(こぶみかんの葉)、刻みピーナッツを加える、といたってシンプル。便利なレッドカレーペーストでぜひぜひお試しをナイフとフォーク


同じカテゴリー(スパイシーなもの)の記事画像
マサマン餅
週一カレー?
カレーきれいに食べる派
朝からカレー
カレー粉で作るカレー
豚ナンコツカレー
同じカテゴリー(スパイシーなもの)の記事
 マサマン餅 (2012-12-18 16:31)
 週一カレー? (2012-10-16 16:26)
 カレーきれいに食べる派 (2012-09-21 18:48)
 朝からカレー (2012-08-29 10:15)
 カレー粉で作るカレー (2012-08-21 10:32)
 豚ナンコツカレー (2012-07-30 10:37)

この記事へのコメント
美味しそう!
夏メニューにもいいですねェ。
このペーストはどこで買えるのですか?
Posted by うー at 2011年04月01日 07:32
うーさん、

ほんとにいい風味でご飯がすすみます。
写真の4種類のカレーペーストを昨日もらってもらおうと準備していたのに、忘れちゃいました!
こちらも大量にストックがあるので、今度クミンと一緒に渡しますね。
輸入食材のお店にも、写真と同じパッケージのはないかもしれないけど、グリーン/レッドカレーペーストは手に入ると思いますよ♪
Posted by せっせっせ at 2011年04月01日 09:35
お久しぶりです^^
ごはんもですが、ビールもすすみそうですね!
せっせっせさんのごはん見ると、やっぱり刺激受けます。
ルネサンスに続き、ウーウェンさんの本も図書館で借りました。
Posted by すぎた at 2011年04月01日 12:17
すぎたさん、

うめさんですよね♪お久しぶりです。
ビール、日本酒(冷酒)、白/赤ワイン、焼酎お湯割りのうち、いつもメニューに合わせて夫に決めてもらっていますが、この日は焼酎お湯割を選んでいました。もちろん、ビールも絶対合うでしょう♪
スパイシーメニューはやっぱりビールかな。
ウー・ウェンさんのねぎメニューや麺メニュー、おかずメニュー、本当に大好きです。
ルネサンスは元気と時間がたっぷりあるときにトライしますが、ウー・ウェンさんのようなレシピが普段は大活躍です!
Posted by せっせっせせっせっせ at 2011年04月01日 12:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。